仏壇処分をしたいのなら仏具店のサービスを活用しよう

静かな環境で眠る

合掌

早めに始める終活

近年、メディアではしばしば終活が特集されています。自らや家族の最期について考えたくないと言う方もいますが、元気なうちに少しずつ片付けておくことで、生きる気力が増すと言われています。終活を考える上で大切なことは、お墓選びだと言われています。最近は生前にお墓を建立する方も増えていますし、スタイルも様変わりしています。地方ではさほど深刻ではありませんが、東京では慢性的な霊園不足が起きています。良い立地の霊園は、抽選の倍率が百倍を上回ることがあります。また、価格の高騰も懸念材料と言われています。従来のような個人のお墓にこだわる方は減っていて、合同墓や納骨堂を選択する方も増えています。とりわけお寺の納骨堂に関しては、永代供養を行ってくれるので安心です。少子高齢化の時代に沿った、供養の在り方と言えるのではないでしょうか。東京は全天候型の納骨堂が大半で、セキュリティー面も不安がありません。お墓の材質に関してですが、東京では海外産の石が多くを占めています。インドや台湾は良い石が採れることで知られていますし、日本産の半額以下で購入することが出来ます。永年使用による劣化も少ないですし、洋墓も人気を集めています。東京都内においても、定期的に展示会が開催されています。それらに足を運んでおくことで、お墓購入の際に参考になると言われています。灯籠や敷石も含めてになりますが、イメージを膨らませておくと良いのではないでしょうか。

Copyright© 2019 仏壇処分をしたいのなら仏具店のサービスを活用しよう All Rights Reserved.