仏壇処分をしたいのなら仏具店のサービスを活用しよう

ホコリや汚れ取りだけ

仏壇

素材に合ったお掃除

墓石・仏壇は、美化こそが先祖供養としての敬意にあたるため、ホコリやチリなどが舞う環境に配置せずに、クリーンな環境にまずは配置することが大事です。仏壇掃除の時期にも気をかけましょう。正月、盆、春と秋の彼岸時期には必ず行うことはもちろんですが、湿気を苦手とする素材が使用されていますから、天候に恵まれている晴れの日、大安吉日などを意識しましょう。仏壇掃除には、できるならば専用のお掃除アイテムを使いましょう。使い勝手が良いだけでなく、素材を傷つけることもなく、ホコリや汚れをキレイにできます。最低限、用意しておきたいものは、毛ばたき・クロス・真鍮磨き用クリームです。お掃除は、ご本尊から脇仏、位牌のお掃除を優先的に行います。そこからは、細かな作業であったり、仏具のお掃除を行います。特に気をつけたい素材は、金箔部分や彫刻部分、漆塗り部分というデリケートな素材が使われている部分のお掃除になります。皮脂による指紋が付着しやすくなるため、美化を意識するならば、手袋は必須です。また、毛ばたきでホコリを払うにしても、細かい部分は筆式のミニ毛ばたきで払うのがいいでしょう。ですが、決して無理をせず、軽く払うだけに留めておきましょう。傷つきやすい彫刻部分などは、柔らかい筆式の毛ばたきで払う程度で十分です。仏壇掃除では、金属仏具のお掃除も行うのですが、金メッキ・セラミック加工などを施してある仏具の場合には、表面の加工が剥がれるほど研磨することがないように、柔らかいクロスで優しく拭き上げます。仏壇掃除でツヤを出したいのなら、金属専用の磨き粉、ツヤ出し専用の磨き粉で磨きますが、力加減に気をつけましょう。

Copyright© 2019 仏壇処分をしたいのなら仏具店のサービスを活用しよう All Rights Reserved.